陸別町RIKUBETSU

  1. 陸別町について

    陸別町は十勝地方にある人口2,300人ほどの小さな町です。町の面積の8割が森林になっており、周囲が小高い山に囲まれているため、冬期間には厳しい寒さとなり、「日本一寒い町」としても知られています。時にマイナス30℃を下回ることもありますが、比較的風雪は少ないため、日中は日差しがでてあたたかく過ごすことができます。
    基幹産業は酪農と林業。町の経済と生活を支えています。晴天率が高く、澄み切った夜空は天体観測に適しており、銀河の森天文台には口径115cmの反射式望遠鏡を設置しています。

  2. 観光

    山間にある陸別町は、星を邪魔する光が少なく、星空観察するには絶好の場所です。口径115cmの反射式望遠鏡を有する銀河の森天文台では星空観望会が定期的に開催され、多くの天文台ファンが訪れます。また、1989年には国内初の低緯度オーロラのカラー撮影にも成功しています。
    旧ちほく高原鉄道を動態保存したふるさと銀河線りくべつ鉄道は、廃線跡と車両を利用した鉄道運転体験が人気で、国内では唯一の1駅区間(5.7キロ)の運転体験が可能です。

  3. イベント

    「日本一の寒さ」を誇る陸別町の冬の代名詞といえば、「しばれフェスティバル」(2月第1土・日開催)。年間を通じてもっとも冷え込むこの季節は連日マイナス20℃を下回りますが、澄んだ空気と星空が美しい季節です。バルーンマンションと呼ばれる氷のかまくらで一晩過ごす「人間耐寒テスト」はしばれフェスティバルの目玉企画で、遠方からもたくさんの予約をいただきます。
    春から秋にかけても、鉄道やオフロード、夏の屋台村などイベントが多く続き、町内外のお客様で賑わいます。

  4. 名産品

    陸別町の基幹産業である酪農。地元の牛乳で月1回だけつくられる低温殺菌牛乳は、まろやかな甘さが引き立ちます。この牛乳を使ったカタラーナ(半解凍プリン)や地元の完熟かぼちゃとあわせて作ったポタージュスープなど、特産品である牛乳をいろいろなかたちで味わうことができます。
    山に囲まれた陸別町ならではの品物といえば、野生の鹿を使った鹿ジンギスカンなどの鹿肉加工品、山菜の水煮やきのこの塩漬け、町内で採れた行者にんにくを使用した塩や味噌、間伐の際に廃棄される枝葉から抽出したエッセンシャルオイルなど、山の恵みを身近に感じることができます。

  5. アクセス

    陸別町からもっとも近い空港は女満別空港で、車で片道約1時間、バス(北見経由)を使うとおおむね2時間半で陸別町に到着します。女満別空港は東京(羽田・成田)、札幌(新千歳)と結ばれており、1日往復10便ほどの発着があります。
    町内の主要機関はコンパクトにまとまっており、徒歩で移動が可能です。
    町外へのアクセスはバス移動となり、北見方面へは往復7便、十勝方面(池田町、帯広市等)へは往復9便運航しています。また札幌からはJRとバスを乗り継ぎアクセスすることが可能です。

ワーク

ワークの情報は現在ありません。

バケーション

バケーションの情報は現在ありません。

ワークスペース

  • コミュニティプラザ ぷらっと

    飲食店や薬局などが集まる複合施設内の会議室。1時間250円(税別)で9:00~18:00まで利用可能です(※事前予約制)。利用人数最大6名。

    所在地
    陸別町字陸別原野分線5-5 MAP
    設備等
    インターネット環境(無線)/電源コンセント/会議室(個室を含む)
    URL
    http://shibare.or.jp/pratto/
  • 移住促進モデル住宅(ちょっと暮らし住宅)

    バリアフリー設計のちょっと暮らし住宅。夏は涼しく、冬はあたたかく過ごせます。役場や診療所、スーパー等へも徒歩圏内です。

    所在地
    陸別町字陸別東2条2丁目16番地
    設備等
    インターネット環境(無線)/電源コンセント
    URL
    https://www.rikubetsu.jp/iju/ijutaiken_nagare/

宿泊施設

  • 移住促進モデル住宅(ちょっと暮らし住宅)

    バリアフリー設計のちょっと暮らし住宅。夏は涼しく、冬はあたたかく過ごせます。役場や診療所、スーパー等へも徒歩圏内です。

    所在地
    陸別町字陸別東2条2丁目16番地
    URL
    https://www.rikubetsu.jp/iju/ijutaiken_nagare/