小樽市OTARU

  1. 小樽市について

    かつて商業港湾都市として繁栄した小樽市は、明治から大正期の街並み・景観を今も残し、どこか懐かしいノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。小樽運河沿いには石造り倉庫が立ち並び、メルヘン交差点周辺は、レトロな建物を活かしたオルゴールやガラス工芸などのお店で賑わいます。郊外に足を伸ばすと鰊漁の栄華を今に伝える鰊御殿や道内有数の規模を誇るおたる水族館、閑静な湯の里である朝里川温泉、眺望・夜景スポットの天狗山など、観光資源が数多くあり、魅力が盛りだくさんです。

  2. 定番スポット「小樽運河」

    小樽の代表的な観光スポットの「小樽運河」。大正12年に完成し、小樽港の物流を支えた運河の周辺には、今も当時をしのばせる石造り倉庫などの歴史的な建造物が立ち並び、レストランや美術館などに活用されています。運河散策路のガス灯に明かりが灯り、ノスタルジックな雰囲気に包まれる夕暮れ時は、写真撮影にも最適。「映える」写真が撮れること間違いなしです。

  3. 小樽の大自然で遊ぶ!

    三方を山に囲まれ、もう一方を海に面した特徴的な地形から、季節ごとに多様な自然を楽しむことができます。夏になると、「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」に指定された美しいブルーの海で、シーカヤックやSUPなどを楽しむことができ、観光船やクルーザーに乗ってのんびりと海を楽しむのも人気です。冬には、小樽駅から車でわずか10分のロケーションにある天狗山スキー場で海を眺めながらスキー体験ができ、まさに『ここだけの』贅沢なアクティビティです。

  4. 小樽で食べる!

    ■寿司/小樽の前浜や近海のネタで握った寿司は最高です。うにやあわび、しゃこ、帆立が特におすすめです!
    ■海産物/ほっけやかれい、たらなど脂の乗った北の魚がおすすめです。ぜひ近くの市場に出かけて自分の目でチェックしてみてください!小樽の海産物は、どれも美味しく、ついつい買いすぎてしまうかもしれません。
    ■和洋スイーツ/古くからお餅屋さんがいっぱいあります。自慢の串だんごや大福餅、小樽名物のべこ餅など、お店ごとに異なる和スイーツが味わえます。 また、手作りにこだわる地元のお菓子屋さんや全国的にも有名なケーキ店など、洋スイーツも充実しています。

  5. アクセス

    鉄道や高速バスなどが利用できるなど、新千歳空港から小樽市内へのアクセスが充実しています。空港直結のJR新千歳空港駅からは、札幌方面への快速列車が約15分間隔で運行され、JR小樽駅まで最短75分で到着します。そのほか、高速バスやレンタカーなど、空港からの豊富な移動手段が用意されています。小樽市内には路線バスのほかJRや散策バス、タクシーなど、観光に便利な移動手段も充実しています。

こちらの情報は現在ありません。

つながる

こちらの情報は現在ありません。

感じる

こちらの情報は現在ありません。

ワークスペース

  • Guest house Otaru YaDo

    JR小樽駅から徒歩8分、中央通りの坂を下り、都通り商店街を抜けた日銀通りに位置するゲストハウスです。周辺には小樽運河や芸術村、美術館のほか、写真撮影で有名な旧手宮線散策路や旧日本銀行の建物を改装した金融資料館、歴史ある寿司屋や物販店などの老舗も数多くあり、テレワークの合間に和洋・新旧の魅力がたっぷり感じられます。

    所在地
    小樽市稲穂1丁目3-10 MAP
    設備等
    インターネット環境(無線)/会議室・個室/備品(プロジェクター)/その他(カフェ併設・シェアキッチン有)
    URL
    https://www.otaru-yado.jp/

宿泊施設

  • OTARO Village オタロビレッジ

    札幌、小樽から車で約20分の距離にある「OTARO Village」は銭函の山々を眺められ、観光もショッピングも「ラクラク」です。大人はコワーキングスペースでお仕事、お子さまは1階の英語教室で英語アクティビティを楽しめる、ワーケーション向けの古民家ゲストハウスです!

    所在地
    小樽市星野町12-37 MAP
    URL
    https://pirica8.wixsite.com/otarovillage

こちらの情報は現在ありません。