沼田町NUMATA

  1. 沼田町について

    沼田町は北海道のほぼ中央、空知管内の北部に位置し、夏になると「ほたるの里」では蛍が美しい光を放ちながら幻想的に飛び交う、豊かな自然に包まれた町です。
    移住定住や子育てに力を入れており、「田舎暮らしの本」の「住みたい田舎ランキング2021」では、3年連続北海道エリア第1位を獲得、「町部門・子育て世代が住みたい田舎」でも第2位を獲得しました。田舎暮らしの良さがぎゅっとつまった町、それが沼田町です。

  2. イベント(夜高あんどん祭り)

    沼田町の開拓の祖、沼田喜三郎翁の故郷富山県小矢部市から伝承したのが始まりです。毎年8月第4金曜、土曜に開催され、北海道3大あんどん祭りの一つに数えられる、北海道唯一の喧嘩あんどん祭りです。あんどんの一斉点灯や大型あんどん同士のぶつけ合いは迫力満点です。さらに物産展も開催され、さまざまなグルメが沼田町で楽しむことができ、見ても食べても感動できる沼田町を代表するお祭りです。

  3. 観光(ほたる)

    夏の風物詩・ほたる鑑賞を楽しめるのが、沼田町幌新地区北部に広がる「ほたるの里」。毎年7月頃になると多くのホタルが舞い、大勢の観光客を魅了します。ほろしん温泉露天風呂の眼下に広がる幌新太刀別川にも生息が確認されており、露天風呂を楽しみながらほたる鑑賞も出来るかもしれません。

  4. 名産物(雪中米・トマトジュース)

    農業を基幹産業とする沼田町は、道内有数の豪雪地帯でありお米作りに適した土地柄です。生活する上で厄介ものだった雪を有効活用したのが雪中米です。お米を籾のまま雪の冷気で冷やして貯蔵しているため、鮮度が保たれ、いつでも新米のおいしさを味わうことが出来ます。また特産品の中でもトマトジュースとトマトケチャップは人気が高く、トマトジュースは苦手な人でも飲めてしまうほど飲みやすく美味しい商品です。

  5. アクセス

    最寄り空港は旭川空港で、沼田町までは車で約80分ほど、旭川市からは道道旭川多度志線利用で約45分で到着します。また札幌市からは車で約120分、道央自動車道利用で沼田ICまで約90分と利便性もよいです。鉄道やバスを利用して沼田にお越しいただくこともできます。

ワーク

ワークの情報は現在ありません。

バケーション

バケーションの情報は現在ありません。

ワークスペース

  • 沼田町サテライトオフィス

    市街地にありスーパーや銀行などが徒歩圏内、利便性が高いサテライトオフィスです。駐車場もあり、戸建てなので広々とした空間でゆったりご利用できます(各種助成制度あり)。

    所在地
    沼田町南1条3丁目6番26号
    設備等
    インターネット環境(無線)/電源コンセント
    URL
    https://www.town.numata.hokkaido.jp/section/sangyou/h0opp2000000dulx.html

宿泊施設

  • ほろしん温泉ほたる館

    緑豊かな幌新地区にある温泉施設です。お湯は神経痛や糖尿病などに効果が期待され、日帰りでの利用も可能です(館内はWi-Fi完備されています)。オートキャンプ場も隣接しており自然を満喫することが出来ます。

    所在地
    沼田町字幌新377番地
    URL
    http://www.horosin-onsen.com