登別市NOBORIBETSU

  1. 登別市について

    登別市は日本を代表する温泉リゾート地で、国内外から約400万人もの観光客を迎えています。9種類もの温泉が湧き出す登別温泉は「温泉のデパート」と呼ばれています。また、山峡の名湯として名高いカルルス温泉は、北海道で第一号の「国民保養温泉地」に指定され、多くの方が保養に訪れます。
    人口約5万人を有する登別市には、大型のショッピング施設をはじめ、市内には多くの小売店や飲食店がありますので、買い物に不便を感じることはありません。医療機関も充実しており、また、プールや図書館、多目的ホールを有する集会施設などの公共施設も充実しています。

  2. イベント

    登別市では、日本有数の温泉地である登別温泉を会場とした「登別地獄まつり」や「地獄の谷の鬼花火」、「登別温泉湯まつり」などが開催され、市内外問わず多くの方が来場します。また、登別漁港で開催される「登別漁港まつり」や登別市役所前で開催される「幌別地区手づくり祭り」、胆振地域の食と文化を主として川上公園で開催される「のぼりべつ夏祭り」など、市民参加型の様々なイベントがあります。

  3. アクティビティ

    パークゴルフが盛んな登別では市内に数カ所のパークゴルフ場があり、数百円からプレイできます。野球やサッカーなどの屋外競技が可能なグラウンドや室内競技を楽しめる体育館などの施設も整っています。また、冬は市街地から車で30分以内の場所にあるカルルス温泉サンライバスキー場でスキーやスノーボードが楽しめます。必要な道具をレンタルでき、ウインタースポーツを存分に楽しめる施設です。

  4. 水産物

    登別市には登別漁港、鷲別漁港などの漁港があり、季節によって様々な魚介類が水揚げされます。主要魚種のスケトウダラのほか、サケやホッキ、毛ガニ、イカなどの水産資源に恵まれています。

  5. アクセス

    最寄りの空港である新千歳空港から登別市までは、JR、バス、自動車ともに約1時間で移動可能であり、北海道最大の都市・札幌市まではJRで約1時間と主要都市へのアクセスにも優れています。
    また、市内にはJR、バス等の交通手段が充実しているほか、自動車での移動もスムーズです。

ワーク

ワークの情報は現在ありません。

バケーション

バケーションの情報は現在ありません。

ワークスペース

ワークスペースの情報は現在ありません。

宿泊施設

宿泊施設の情報は現在ありません。