神恵内村KAMOENAI

  1. 神恵内村について

    神恵内村は人口約820人と北海道で2番目に小さい村です。村名の由来は「カムイナイ」(美しき神秘な沢)であり、その名のとおり急崚な海岸地形や点在する奇岩怪石など自然が織り成す雄大な海岸美や水平線に沈む夕日は絶景です。村の基幹産業は漁業であり、ウニやホタテ、ホッケなどの新鮮な海の幸を楽しむことができます。夏には「沖揚げまつり」や各地区の祭典などのイベントがあり、とても盛り上がります。

  2. アクセス

    最寄りの空港は新千歳空港となっており、東京(羽田・成田)、名古屋、大阪(伊丹・関西)をはじめ、全国の主要都市と結ばれています。車(レンタカー)を利用すると新千歳空港から約2時間20分で到着します。また、北海道の主要都市である札幌市へは、車で約1時間50分で移動でき、当村から日帰り旅行も可能です。

  3. 観光

    海岸線の大部分が「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」に指定されており、シャコタンブルーの美しい海や、窓岩、キス熊岩といった奇岩を見ることができます。高台にあるあんない展望公園からは、目の前に窓岩、右前方に西の河原の絶景を眺めることができます。また、当丸沼に住んでいた竜神様が、この岬から昇天したという伝説が残る竜神岬からは、水平線の向こうに夕日が沈む絶景を眺めることができます。

  4. イベント

    毎年7月上旬に開催される「沖揚げまつり」は、神恵内村最大のお祭りであり、大勢の観光客が訪れます。書道ライブや沖揚げ音頭、松前神楽などの様々な催事が行われます。また、ウニやホタテ、ツブなど、獲れたての新鮮な海産物が販売され、その場で食べることができます。特に、お祭りの目玉であるウニ丼は例年大盛況です。
    他にも、7月に村内各神社で祭典が行われます。毎年15日に神恵内地区で行われる厳島神社例大祭発輿祭では、炎の上を神輿が駆け上がる「火渡り」や「海中みそぎ」を見ることができます。

  5. 水産物

    ウニやホタテ、カキなどといった多くの新鮮な海の幸を味わうことができます。村内にある寿司店では旬のネタを食べることができ、夏場の観光シーズンには行列ができるほど人気です。道の駅では、季節限定でホタテやカキを販売しています。新鮮な海の幸だけではなく、地元の魚介類を加工して作られる、「ホッケの開き」や「鮭フレーク」などの浜のかあさん手作りの加工品や、ここでしか手に入らないオリジナル珍味もおすすめです。

ワーク

ワークの情報は現在ありません。

バケーション

バケーションの情報は現在ありません。

ワークスペース

  • 青少年交流センター

    神恵内青少年旅行村の中にあり、自然に囲まれた環境で仕事をすることができます。テレワークの合間には近くの遊歩道で森林浴をしたり、シャコタンブルーの海に沈む夕日を眺めたりすることができます。

    所在地
    古宇郡神恵内村大字神恵内村34番地の2
    設備等
    インターネット環境(無線)/電源コンセント/会議室
  • 旧神恵内保育所

    もともと保育所として利用していた施設を活用しており、調理室を使って料理をすることもできます。また、近くに商店や飲食店もあるので、買い物や食事をするのにも便利です。

    所在地
    古宇郡神恵内村大字神恵内村10番地
    設備等
    インターネット環境(無線)/電源コンセント/会議室

宿泊施設

  • 民宿 きのえ荘

    眼下に広がる日本海を眺めながらゆっくりとくつろぐことができ、神恵内村に伝わる郷土料理や、新鮮な海の幸を使った料理を楽しむことができます。また、全室無料Wi-Fiも完備しています。

    所在地
    古宇郡神恵内村大字神恵内村13番地13 MAP
    URL
    https://kamoenai-kinoesou.jimdo.com/
  • 泊まれる喫茶店 FUKUROMA

    村内市街地にあり、民宿としてだけではなく、喫茶店や居酒屋も営んでいるので、宿泊以外にも昼間はコーヒーを飲みながらゆったりと過ごし、夜はお酒を飲んで楽しく過ごすことなどもできます。

    所在地
    古宇郡神恵内村大字神恵内村80番地4 MAP