岩見沢市IWAMIZAWA

  1. 岩見沢市について

    岩見沢市は北海道のほぼ中央に位置しており、農業を基幹産業としているまちならではの美しい田園風景が広がっています。市内には温泉施設やスキー場があるため、お米や小麦、白菜といった美味しい農産物を味わいながらリフレッシュすることもでき、都会の喧騒から離れたゆったりとした空間に滞在できる点が魅力です。

  2. アクセス

    最寄りの空港は新千歳空港となっており、東京(羽田・成田)、名古屋、大阪(伊丹・関西)をはじめ、全国の主要都市と結ばれています。新千歳空港から岩見沢市街地への移動では、車(レンタカー)の場合、約1時間となっており、鉄道を利用する場合は約1時間30分となります。岩見沢駅に隣接してバスターミナル・タクシー乗り場があるので、駅を基点とした市内の移動手段は充実しています。

  3. 観光

    岩見沢市の豊かな自然に囲まれたログホテル メープルロッジ(LOG HOTEL THE MAPLELODGE)には、旬の食材を使用して自家製、地産地消にこだわった料理を提供するレストランや、四季の彩りを感じながら心ゆくまで寛げる天然温泉があり、中でもフィンランドサウナは常連のお客様もいらっしゃる等、高い人気を誇っています。また、宿泊施設だけではなくスポーツを存分に楽しめる屋外テニスコートや屋内テニスコートをはじめ、広場などでは季節に合わせたアクティビティも満喫できます。

  4. イベント

    いわみざわ百餅祭りは、岩見沢市の特産品であるお米にまつわる岩見沢最大のお祭りであり、五穀豊穣と商売繁盛を願った歴史あるお祭りとなっています。直径2.2メートル、重さ5.5トンの世界最大級の大臼を用いた餅つきは迫力満点となっており、お祭りの中では長寿を祈念した餅まきも行われ、見物客に振る舞われます。

  5. 特産品

    農業を基幹産業とする岩見沢市は、北海道を代表するブランド米の一つである「ななつぼし」の生まれ故郷であり、味と香りに特徴のある小麦「キタノカオリ」の主産地となっています。また、道内1位の作付面積である白菜をはじめ、大豆や玉ねぎ等の北海道の美味しい食を支える様々な野菜も魅力です。

ワーク

ワークの情報は現在ありません。

バケーション

  • スノー体験プログラム

    北海道の中でも雪の量が多いことで知られる岩見沢ならではの雪を活かしたスノーシュー(西洋かんじき)を用いたアクティビティや、雪上チューブ滑り、スノーモービルに牽引されるスノーラフティング等の北海道の冬を楽しむことができます。

  • メープルロッジ レストラン

    地産地消にこだわったレストランでは、ホテル近くの農園で採れたりんごや、岩見沢市の特産品である雉肉を用いた料理を提供しており、地元ワイナリーで栽培・醸造されたワインを味わうことができます。

  • そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター

    炭鉱とともに繁栄した北海道の空知地方のまちには、有形・無形を含めた多くの「炭鉱の記憶」が残っています
    そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターでは、そうした北海道の歴史の一端に触れることの出来る資料があり、地域内外の人々と、炭鉱の記憶とを結ぶ拠点となっています。

  • 岩見沢市絵画ホール・松島正幸記念館

    旧岩見沢警察署を歴史的文化遺産として保存している建物であり、画家:松島正幸の絵画や岩見沢市にゆかりのる作家の作品を展示しており、版画や書道等の企画展や、コンサートも開催されます。

  • 空知の自然と炭鉱の歴史をガイドと巡るサイクリングツアー

    豊かな自然に囲まれたログホテル メープルロッジを起点として、ガイドと共に田園風景と緑の山々を眺めながら、炭鉱の歴史スポットをサイクリングで巡ります。

  • 市内スキー場

    北海道の中でも豪雪地帯として知られる岩見沢では、中心市街地から車で約15分の距離にスキー場があります。アクセスが容易であるため、ワークの合間にもウィンタースポーツをすることが可能です。

  • 農産物収穫体験

    産地としてはまだ知られていない落花生や、さつまいもに似た健康野菜であるヤーコンなどの野菜のほか、ワイン用のぶどう、さくらんぼ、ブルーベリー、りんごといった果物の収穫体験を行うことができます(※収穫時期や定員は農産物の種類により異なります)。

  • 陶芸体験

    手ろくろによる自分だけのオリジナルの器を作ることができ、お皿やマグカップなど、体験したことを形として残すことができます(※出来上がったものは後日郵送します)。

ワークスペース

  • 岩見沢市テレワークセンター

    「岩見沢市テレワークセンター」は、普段、都会の喧騒の中で就労されている企業や大学・研究機関の方々を中心に、緑豊かな自然環境にいながら高度ICT基盤を用いた研究開発やコンテンツ制作環境を実現するサテライト・ラボラトリーとして運用しています。

    所在地
    北海道岩見沢市上志文町412番地1 MAP
    設備等
    インターネット環境(有線/無線)/電源コンセント/プリンター/会議室/スクリーン
    URL
    https://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/content/detail/1504882/

宿泊施設

  • 岩見沢市テレワークセンター

    「岩見沢市テレワークセンター」を構成する2棟(「コアハウス」、「ワークハウス」)ではリビングルームやベッドルームがあり、炊事・洗濯の設備や浴室も備えられ、短期から中長期のご利用までの対応が可能です。

    所在地
    北海道岩見沢市上志文町412番地1 MAP
    URL
    https://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/content/detail/1504882/