函館市HAKODATE

  1. 函館市について

    函館市は人口約25万人と北海道第3の都市であり,毎年500万人の観光客が訪れる観光資源が豊富な街です。特に,西部地区と呼ばれる函館山の麓には,開港当時からの異国情緒漂う建物・街並みが残っているほか,三方が海に囲まれ,海洋資源が豊富な地域でもあり,「食のまち」としても大変魅力の多い街です。また,北海道の中では温暖な気候であり,市内の移動もしやすいことから,観光地としてだけではなく,住みよい街でもあります。

  2. 「WORK+VACATION in HAKODATE」

    函館のワークプレイス,アクティビティ,イベント,観光情報等を掲載している函館市ワーケーションサイトです。
    【詳細はこちらからご覧ください!(「WORK+VACATION in HAKODATE」)】

  3. 位置・気候

    函館市は海に囲まれた街です。北海道の中では南に位置するため気候は温暖なほうで,年間の平均気温は9.4℃です。また,北海道というと厳しい冬のイメージがあるかもしれませんが,積雪が50cm以上ある日は,1年間でなんと5日程度しかありません。一方,真夏日は年間3~4日程度と少なく,7~8月の平均気温は20℃前後で,湿度も高くなりません。このように,函館は気温・湿度・積雪量など総合的に見ても,年間を通して大変過ごしやすいのが特徴です。

  4. 函館といえば,海を思い浮かべる方も多いかと思います。そのイメージの通り,函館は半島地形のため,市内のどこにいても間近に海を臨むことができます。津軽海峡,太平洋,噴火湾(内浦湾)という3つの海に囲まれ,西からは対馬海流(暖流),東からは親潮(寒流)が交わり,豊富な漁場を形成しています。古くから港町として栄えてきた函館は,こうした海の恩恵を存分に受け,イカやウニをはじめとした,四季折々の海の幸が楽しめます。

  5. 山・温泉

    函館市南西部にある「函館山」は,100万年ほど昔にできた火山島です。現在は死火山で,珍しい野鳥や野草,そして日本軍の要塞跡も見ることができます。登山をすることも,ロープウェイで登ることも可能です。また,東部に位置する「恵山」は,4万年前以降に噴火を開始した活火山で,トレッキングも人気です。函館はこうした地理的要因から,市内一円で豊富な源泉に恵まれ,温泉保養地として発展してきました。現在でも,「湯の川温泉」は道内屈指の歴史ある温泉街で宿泊施設も多く,観光客だけでなく,地元の人々も温泉で疲れを癒すスポットとなっています。

  6. 歴史

    函館は,1859年の箱館開港をきっかけに一躍歴史の表舞台に登場しました。当時の函館は開港をきっかけに西洋文化をいち早く取り入れ,ハイカラでエキゾチックな街並みが形成されました。特に函館山の麓にある西部地区には,教会群をはじめとした,独特のモダンでレトロな歴史的建造物が今も多く残っています。一方で函館の中心街である五稜郭エリアもまた,新選組の土方歳三らが箱館戦争で戦った最後の土地として知られ,彼らの軌跡を辿って五稜郭を訪れる人も多くいます。このように函館では至る所で歴史を感じることができます。

  7. 観光

    函館市は,「市区町村魅力度ランキング」において毎年常に上位にランクされています。函館といえば,函館山からの夜景が代名詞といわれるほど有名ですが,ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでも 函館山からの眺望が三つ星として紹介されました。ほかにも「赤レンガ倉庫群」などの町並みや,2021年度の世界遺産登録を目指す,北海道・北東北の縄文遺跡群の一つである「大船,垣ノ島遺跡」といった,歴史的遺産も数多くあります。このように函館は,景観,グルメ,温泉と観光地には欠かせない要素が盛りだくさんです。

  8. アクティビティ

    観光地として広く知られる函館は,温泉保養地,自然リゾートの地としても北海道で先駆けの地です。
    ワーケーションにおいて重要な仕事のON・OFFの切り替えには,細かなリフレッシュタイムが欠かせません。そうした要望に応える、釣りやトレッキング、食べ歩きなどといった様々なアクティビティが揃う函館は,仕事中のストレスを減らし作業効率アップにつながる環境の構築に適した地域です。

  9. イベント

    春は桜とともに訪れ,五稜郭公園の桜は圧巻の一言。過ごしやすい漁り火の夏は函館港まつりに花火大会,街が紅葉に色づき文化と食に親しむ秋,幻想的なイルミネーションが煌めく冬。函館は365日いつ来てもワクワクがいっぱいのイベントの街「フェスティバルタウン」です。

  10. サポート

    函館市は国際的な水産・海洋に関する学術研究拠点都市を目指す「函館国際水産・海洋都市構想」を
    まちづくりビジョンとして推進しており、高等教育機関や学術・試験研究機関の知的資源を各種産業分野に展開して産業活性化などを目指す産学官金連携が活発な街であり、このような地域特性を生かしたサポート体制が充実しております。ワーケーション実施企業の研究施設や大学への視察,企業交流会等をアレンジし,共同研究,新事業のアイデアやイノベーションの創出を「伴走型」で支援します。また,ワークスペースの紹介や,ワーケーションに関する各種ご相談にも対応させていただきますので,お気軽にご相談ください。

  11. アクセス

    函館市へは羽田空港から直行便で1時間25分,そのほか名古屋(中部),大阪(伊丹)からの直行便も就航しており,函館空港から市内中心部へはバス・タクシーで20分とアクセスの良さが魅力です。加えて,空路以外にも北海道新幹線やフェリーなど陸海空の多様なアクセスルートを持つ函館は,本州と北海道を結ぶ玄関口としての役割を担っています。様々な交通手段があることで,有事の際に帰れないといったリスクが減少します。また,市内の移動手段として,バス以外に路面電車があることも特徴の一つです。

ワーク

ワークの情報は現在ありません。

バケーション

バケーションの情報は現在ありません。

ワークスペース

  • 大三坂オフィス

    大正10年築のビルをリノベーションし,アンティーク家具などを配したモダンなコワーキングスペースです。ドロップイン利用のため初回登録料はかかりません。また,徒歩圏内に観光名所,人気のカフェやレストランが多数あります。

    所在地
    函館市末広町18番26号 MAP
    設備等
    インターネット環境(無線)/プリンター/スキャナ/FAX
    URL
    https://www.hakodateoffice.com/
  • MIRAIBASE

    ドロップイン利用のほか,月額利用も可能なコワーキングスペースです。プリンターやモニター設備のほか,映像配信機器のレンタルも行っています。また,徒歩圏内に大型商業施設や飲食店も多数あります。

    所在地
    函館市美原2丁目7-21 MAP
    設備等
    インターネット環境(無線)/会議室/その他(プリンター・モニター・スキャナ・映像配信機器)
    URL
    https://miraibase.jp/
  • 函館市臨海研究所

    函館市の景観形成指定建築物に指定されている公共施設です。1時間単位で会議室をワークスペースとして利用できるほか,Web会議用ブースや各種機材も備えています。近隣には函館らしい和洋折衷の古建築カフェもあり,また施設のすぐ裏は人気の釣りスポットにもなっています。

    所在地
    函館市大町13番1号 MAP
    設備等
    インターネット環境(無線)/会議室/プリンター/モニター/その他(Web会議用ブース・Webカメラ・スピーカー・USBヘッドセット)
    URL
    https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014031100224/
  • はこだてみらい館

    JRや路面電車の駅からも近く,アクセスもしやすいワークプレイスです。体験学習施設の一角にあり,Web会議用ブースやタブレットの貸し出しも行っています。平日は終日フリードリンクサービスがあり,土日も利用可能です。

    所在地
    函館市若松町20番1号 キラリス函館4階 MAP
    設備等
    インターネット環境(無線)/電源コンセント/その他(Web会議用ブース・iPad)
    URL
    http://hakodate-miraiproject.jp/miraikan/
  • Gスクエア

    無料で利用できるワークスペースですが,有料で多目的ホールなどの貸室も可能です。路面電車の駅からも近く,繁華街にあるため,徒歩圏内に商業施設や飲食店も多数あります。

    所在地
    函館市本町24番1号 シエスタハコダテ4階
    設備等
    インターネット環境(無線)/電源コンセント/会議室
    URL
    https://g-sq.jp/#/

宿泊施設

宿泊施設の情報は現在ありません。