美瑛町BIEI

  1. 美瑛町について

    農業と観光業を主とする人口9,882人(令和2年3月現在)の町です。北海道のほぼ中央に位置する美瑛町は独特の波状丘陵地帯を特徴とし、麦や馬鈴薯などが作られる丘陵地帯の風景は異国のような景色であり、丘陵地から生産される新鮮かつ安全な食材、さらには「青い池」や温泉といった自然の恵みが美瑛町の一番の魅力です。

  2. アクセス

    北海道における第2の都市「旭川市」から車で約40分のため、丘陵地の短時間ドライブを楽しみながら町内では購入できない生活用品を購入できます。また、旭川空港と美瑛町は車で約15分という交通アクセスの良さは、道外から美瑛町を訪れる方にとって最大の魅力です。さらに、JR美瑛駅から旭川駅までは片道約30分で往来でき、町内にはハイヤーや都市間バスも運行していることから、町内移動や近郊のまちへの交通機関も充実しています。

  3. 観光

    日本の風土と一線を画す丘陵地帯に魅入られた写真家の作品から、美瑛町の丘陵風景が世に広まり、四季折々の世界観を見せる景色は、毎年変化することから見る人を飽きさせません。また、大雪山国立公園の十勝岳を含む大自然に囲まれる「びえい白金温泉」では、源泉掛け流し100%の湯が訪れる人々の心と体を癒します。さらに、市街地からびえい白金温泉に向かう途中に位置する、「青い池」は神秘的な雰囲気と独特な美しい青の色合いが人々を引き付けています。

  4. アクティビティ

    農業を主産業とする美瑛町ならではのアスパラやトウモロコシなどの収穫体験、また、自作のスノーボード「雪板」体験やスノーシュー(西洋かんじき)を使った美瑛の丘さんぽなど、農業と降雪地帯の特徴を活かした体験ができます(実施主体:丘のまちびえいDMO)。

  5. 農畜産物

    良質な土づくりに力を入れている農地からは麦や馬鈴薯、米をはじめたくさんの農産物が生産されています。特に小麦は、菓子やパン、麺に適していることから、美瑛産小麦を使った品々を提供する店舗が町内外にいくつもあることは、その高い品質が認められている証拠です。さらに、良質土壌から採れる牧草を原料にした餌を給餌された乳牛からは高品質な生乳が生産され、単一農協限定の「びえい牛乳」は、深い味わいを提供してくれます。

  6. イベント

    美瑛町は丘陵地を利用した春のマラソンや秋のサイクルイベント、冬はクロスカントリ―大会といったスポーツイベントが開催され、歴史あるそれぞれの大会には大勢の参加者が全国から集います。このほかにも美瑛を一望する活火山十勝岳の鎮静を願う「那智・美瑛火祭り」や8月下旬には、新鮮な農畜産物の販売をはじめ、趣向を凝らした衣装を纏った人々が集う仮装盆踊りなど、駅前を中心とした一大イベント「どかんと農業まつり」が開催されます。

ワーク

  • 国立大雪青少年交流の家

    市街地から約30分の国立施設です。美瑛町の奥座敷「びえい白金温泉」にある当施設は、源泉かけ流しの温泉を備えた研修施設であり、登山などの研修も実施できることから、普段とは全く違う自然に包まれた環境が、新しい発想や視野の拡大に繋がります(※要事前申込)。

  • 美瑛町地域人材育成研修交流センター

    旭川空港から10分程度に位置する、旧旭小学校を活用した研修センターです。厨房や大きな研修室、宿泊室を兼ね備え、周辺は水田地帯に囲まれた施設は、普段と違う喧騒の無い静かな環境のため、充実した研修が可能です。

  • ふるさと会

    ふるさと会を活用した町外企業と町内企業の交流促進を図ると共に、町外企業からの問い合わせ内容に応じ、対応できる可能性のある町内企業を紹介します。

  • 創業支援事業:美瑛町商工会

    創業予定者や、新たな事業分野開拓を志す起業家のために、専門家を派遣する個別相談指導やセミナー・講演会の開催など、幅広い支援を実施しています。新規開業促進による美瑛町内における雇用チャンスの創出で、地域経済の活性化と発展に貢献していただく方をお待ちしています。

  • イベント運営ボランティア

    町内の3大スポーツイベントにおいて、運営スタッフとして参加いただけるボランティアを募集しています。
    ・6月「丘のまちびえいヘルシーマラソン」
    ・9月「丘のまちびえいセンチュリーライド」
    ・2月「寬仁親王記念 丘のまちびえい宮様国際スキーマラソン」

バケーション

  • 爽やかに歩こう!美瑛パッチワークの丘ウォーク

    車で丘を巡らず、ゆっくりと丘を歩くプログラムです。地元ガイドが案内しますので、道に迷うこともありません。のんびり深呼吸しながら、彩り豊かな丘の景色をお楽しみください(実施主体:丘のまちびえいDMO)。

  • 春は雪遊び、秋は紅葉!ミニミニ十勝岳トレッキング

    大雪山国立公園・十勝岳の望岳台からの1時間ほどのミニミニトレッキングです。少し登るだけでも美瑛町とその近郊の大自然が堪能できる、体力に自信のない方でも気軽に体験できるプログラムです。例年、6月上旬頃まではコース上に雪も残っているので、ちょっとした雪遊びができるかもしれません(実施主体:丘のまちびえいDMO)。

  • カレーうどん

    美瑛産小麦を利用したうどんを、提供店の店主が試行錯誤を繰り返し完成させた素晴らしいカレールウでいただきます。つけ麺・焼き麺・かけ麺の3種類を提供している(期間限定提供メニュー有り)、美瑛町のご当地グルメです(実施主体:カレーうどん研究会)。

  • 丘のまち郷土学館「美宙(みそら)」

    町民をはじめ大勢の方に美瑛の郷土や自然、天文についての学び場を提供する施設です。十勝岳連峰や丘陵地などの広大な大地に根付いた農業や観光などの歴史・文化について未来を担う子どもたちに学び伝える「美瑛学」を推進しています。

  • マラソン・サイクルイベント・XCイベント

    夏は新緑に包まれた白樺街道や心地よい風をあびながら丘陵地を走り抜けるマラソンイベント、秋には100㎞を超える丘陵地帯や田園地帯を越える、変化に富んだランドスケープをサイクリストが満喫するサイクルイベントを楽しめます。さらに、2月には白い大地となった普段は足を踏み入れられない白銀の丘陵地を駆け巡るXCイベントが開催されます。

  • カラフルじゃがいも掘り体験&絶品じゃがバターを味わおう!

    生産農家さんに特別な許可をいただき、農作物を生産している畑での収穫体験が楽しめます。収穫後には、美瑛産の絶品じゃがバターを味わってはいかがですか(実施主体:丘のまちびえいDMO)。

  • 美瑛で新しい体験を♪ ~機織りでコースター作り体験~

    紀元前から作られていたと言われている機織りを使ったコースター作り体験です。人によって作品の雰囲気や形状が異なるのが魅力で、記念として自分で使うのも良し、美瑛のお土産としてプレゼントにもおすすめです。疲れた脳内を仕事ではなく完成イメージを膨らませながら、心と体をリラックスさせてオリジナル作品を作ってみませんか(実施主体:丘のまちびえいDMO)。

ワークスペース

  • 丘のまち交流館 bi.yell(ビ・エール)

    使われなくなった施設をリノベーションし、町内産材などを活用したぬくもりあるスペースです。施設内には小さなお子さんから高齢者までが集まり、さまざまな交流の場が広がる施設です。会議室(個室)の利用を希望される場合には、(一社)丘のまちびえい活性化協会までお問い合わせください(Tel:0166-92-5677)。

    所在地
    上川郡美瑛町本町1丁目5番8号 MAP
    設備等
    インターネット環境(無線)/電源コンセント/モニター/会議室
    URL
    https://biei-act.jp/

宿泊施設

  • 地域人材育成研修交流センター

    美瑛町旭地区の旧旭小学校を研修センターとしてリニューアルし、研修室や会議室、厨房、宿泊室などを完備した施設です。旭川空港から約10分の立地条件にあり、都市と農村の交流をテーマに都会の企業で実施される研修施設として利用されています。

    所在地
    上川郡美瑛町字旭北星 MAP
    URL
    http://www.town.biei.hokkaido.jp/facility/asahi.html